晴れ掘れ日記 ~山下一穂の直感勝負~
超自然農法を高知から各地へ発信し続けている、山下一穂のありのままのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山下農園五月晴れ
6月10日(火)曇り

相変わらず、飛ぶような毎日が続く。5月から今日までの山下農園をダイジェストで。

ソラマメ収穫
ソラマメ収穫


病気なし、アブラムシなし。
「なんで、アブラムシがおらんのや?!」西村和夫先生。
「そりゃ土の力でしょう」ぼく。
「ああ、やっぱりな」と先生、納得。

どうじゃ!この畑は
ソラマメ全景



この畑は、「畑まるごとモミガラ堆肥化」が功を奏し、抜群の物理性を見せている。昨年11月、耕耘、畝たてした土が、未だにホカホカで、突き刺した人差し指がす~っと入っていく。その土に、土壌診断による施肥設計、再度のモミガラマルチと、適度の早生で、畑には小さいけれどハイレベルの小さな自然が再生されている。さらに、8ヶ月、表層に分厚く敷き詰めたモミガラはもう劣化していて、この後、浅く耕耘すれば、さらに畑まるごと堆肥化が進み、次作のための土造りとなる。

「難しいことはよう分からんけんど、食べたら美味しいし、お客さんが喜んでくれるき、あたしゃ、まっこと嬉しーちや」とみどり。

みどりも便乗ガッツ
便乗ガッツ


グリーンリーフレタス
グリーンリーフ

雑草の多い山崎の畑では、マルチ栽培を採用している。マルチ栽培は腐植の消耗が激しく土壌の劣化が激しいのであまり採用しない方がよいのだが、それでは草取りが追いつかない。しかし、雑草が多いので、マルチをはがして少しほっとけば、すぐに大量の雑草が生えそろってくるので、それを鋤込むことによって、土造りはちゃんと出来る。

「難しいことは、よう分からんけんど、食べたら美味しいき、えいがちや」とみどり。

グリーンリーフレタス、アップ
グリーンアップ


サニーレタス
サニーレタス


キャベツ畑
キャベツ畑


「あれ、虫喰ってないじゃん!」と、自然農法国際研究開発センターの山田研吾先生。
「何言ってんですか、今更(山下さんの畑で)」と、同じく自農センターの榊原健太郎先生。

肥料は米ぬか、溝施肥。もちろん、土壌診断に基づいて苦土やカルシウムを適宜補充している。
有機態窒素が効率的に利いて光合成が順調に進み、炭水化物の合成がタンパク合成に先行すると、繊維や細胞膜がしっかりして、病虫害が出ない。小祝政明先生の理論は、ぼくの畑で見事に再現されている。

「なんか、難しいことはよう分からんけど、今夜はお好み焼き」とみどり。

山下マジックキャベツアップ



もう、7、8年も前のことだが、こんなキャベツを近所のスーパーに出荷したら、同業者(農家)から、クレームが付いた。
「これが、無農薬栽培のはずがない、出来るわけがない、ウソ言うな」と言う分けだ。
店員が「どう説明すれば良いのですか」と、ぼくに聞いた。いくら説明しても分かりたくない人にはどう説明しても無理だから「山下マジック」と言うちょきや、と答えておいた。今では、もう、そんなクレームをつける人はいなくなった。

キャベツ収穫
キャベツ収穫


一玉、1.8kgほどのサイズだから、毎日の収穫が大変。


茎ブロッコリー茎ブロッコリー


茎ブロッコリーアップ


さっと、湯がいて、マヨネーズが一番美味い。

ミニカリフラワーの収穫
カリフラワー収穫


純白のカリフラワーカリフラワーアップ


ちょっと葉っぱに隠れて、恥ずかしそうなミニカリフラワー。純白の乙女は楚々としている。
「あたし、みたい?」みどり。
「どこがじゃ!?」

カリフラワーコンテナ


取り遅れると、すぐに汚くなる繊細なミニカリフラワーは直径、10~12cmで収穫。
さて、今夜はこれで、「カリフラワーのポタージュ」を作ってもらおうかな。
まるで、ゴマかなんかを隠し味に使っているような、独特のコクと風味があって、ぼくの大好物。

と言う分けで、一月ぶりの更新がやっと出来ました。おかげさまで山下農園の畑は絶好調です。
山下農園の4人の研修生も、「土佐自然塾」の11人の研修生も、元気でがんばっています。畑の作物同様、チームワークも抜群で、毎日泥まみれになって研修に励んでいます。

これからは、トマトや、ナスなど夏野菜の植え付けも順次進んでいて、その状況も出来るだけ更新するつもりです。つもりですが・・・時間が・・・    でも、時々のぞいてやってくださいね。
では、また。

スポンサーサイト


FC2カウンター



リンク



カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



プロフィール

山下一穂

Author:山下一穂
昭和25年に高知市に生まれ。
30代半ばからしばしば体調を崩すようになり、自然と無農薬野菜等の体によい食べ物に目を向けるようになる。
そして40歳の時に実家を継ぎ、家の前の90坪程度の畑で家庭菜園
を始めたことが 有機農業を始めるきっかけとなった。
その後、48歳で新規就農。「同じつくるならいいものを」と当初から有
機農業にこだわり、就農9年目を迎えた現在では、野菜の配達先の
家庭は170件を超え、県外にも100件以上発送している。



最近の記事



晴れ掘れ日記~山下一穂の直感勝負~

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。