晴れ掘れ日記 ~山下一穂の直感勝負~
超自然農法を高知から各地へ発信し続けている、山下一穂のありのままのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏野菜だぜ、ベイビィ!
住宅前1,2,3
住宅前1

石垣から上、住宅までが寺家の畑、住宅前1,2,3。
手前から、ピーマン、シシトウ、ナス、キュウリ。

では、キュウリから
キュウリ収穫

山下農園の研修生テル。高校生の頃から援農隊の一員だったテルは、大学卒業後、アルバイトでお金を貯め、「土佐自然塾」の一期生として入学。厳しい研修に耐え、さらにその後山下農園で研修を継続。3年目の夏をみっちり経過中。当初は山下農園の山下清と言われていたのだが(ぼくが言っていた)、体はごらんの通り、かなり締まってきて、顔も精悍になってきた。

さて、キュウリ
キュウリアップ

定植直後にべと病が発生。「ほい来た!」とばかり、秘伝の技で対処。結局ごらんの通り、収穫開始40日を過ぎても葉っぱは、青々。で、その秘伝の技とは、下位節を全く除去せず、実だけを摘除。株間1mの放任栽培。成長点をたくさん残し、株自らの勢いで、べと病に打ち勝つ。ぼくの作り方だと、うどん粉病は元からでないから、べと病、褐班病にさえ対処できれば、後は楽勝。

朝晩2回の収穫。取り遅れたらすぐに太りすぎて商品にならない。
キュウリ収穫2

ナス畑 灌水設備が無いのがつらい
ナス畑

ナス、アップ
ナスアップ

で、このナスがなんでぴかぴかかというと、その訳の一つは下の写真。

ソルゴーの障壁栽培
ソルゴー障壁栽培

周りをぐるりとソルゴーで取り囲み、天敵を誘引する、さらに風よけとして、ナスに傷が付くのを防ぐ。
灌水設備が無い畑なので、この酷暑、干ばつの影響で、秀品率が低く、実付きが少ないのがシャクの種。

でも、灌水設備のあるハウスならもう、完璧。

ハウスナス
ナス、ハウス

講演の時にいつも写真で見せるハウスは、今年も絶好調。周りに雑草を適度に残せば、農薬を使ってないからこそ、天敵(ハナカメムシ)がウジャウジャ。ナスの害虫、ミナミキイロアザミウマの害は皆無。茅の敷き草をそのまま鋤込む畑まるごと堆肥化で、抜群の物理性が根を健全に育てる。根が健全に育てば、当然地上部も健全に育つ。かくして、難易度の高いナスが、しかも自根(接ぎ木は病害に強いが味がまずい)の苗で、年々(5年連作)できが良くなる。エッヘン!

秀品率90%以上
高い秀品率

有機栽培でこういうナス(同じナス科のピーマンやシシトウも含む)を作れば、高知県の園芸農家も経済的に息を吹き返すことが出来る。行政もその技術をしっかり調査して、普及していく体制を早く取るようにと、いつも言っているのだけど、軽く無視されている。「どうして積極的に取り組まないのですか?」高知県農業振興部や園芸連に、みなさん問い合わせてみませんか。昨年秋の農水省の調査では「有機栽培に取り組みたい農家]は50%を超えているのですから、普及体制さえ整えれば、一気に有機農業が振興され、農家の経済性も向上し、消費者の健康も、環境も守られ、極めて有効な地球温暖化対策(これは稿を改めて書きます)にもなる。


ハウスのピカピカナス
ハウスナス

コウスケ
コウスケ

収穫しているのが、この4月から山下農園で研修している、仁宮康介。
「コウスケは偉い!」のだ。
なぜかというと、宮崎大学の農学部を卒業後、郷里の島根県で農業高校の臨時教員になり、採用試験に挑戦していたのだが、ある日「現場のことが分からないぼくに、子供達に教える資格があるのか?」と言う疑問にとりつかれた。きまじめな性格のコウスケ(顔は不真面目)にとってこれは辛い。

「理論と知識だけでは、どうにもならない・・・経験が必要だ」

そこで、いったん退職し、まず現場で自ら学ぶことにした。そして、研修先をあれこれ探していて山下農園を見つけた。そのコウスケ。つい最近、採用試験の一時にパスしたのだ。まもなく、二次試験がある。通れば受験生16人の内の1人の合格者になる。狭き門、難関では有るけれど、必ず通る。ぼくは確信を持っている。なぜかと言えば、彼は何をやっても上手くいく持って生まれた運を持っている。なぜそんなことが言えるかと言えば、彼の生き方は、小さな自分(自我)を軽々と投げ捨て、全てに、肯定的、積極的、自立的,、公共的だからだ。

一次試験から帰って来た直後、こんな会話があった。

「(試験)どうだった?」ぼく。
「だめです、まず落ちます」コウスケ、しょんぼり。
「教育委員会に、親戚とか知り合いはいないの?」
「いないんです、それが・・・涙・・・あっ!違います、そうではなくてぇ・・・」
「じゃあ、なんだ?」
「面接の時に、教育界の閉鎖性を指摘して、これじゃあアカン!と一席ぶってしまったのです」
「よっしゃ、よく言うた。それでこそ俺の弟子。大丈夫、絶対通るちや、心配すんな」
「あっ、そっか~」コウスケ、にっこり。その素直さがまたコウスケの魅力。

関係ないけど、ガールフレンドがこれまた超カワイイ。ま、みどりには、負けるけどね。

で、そのみどりがトマトの収穫
トマト収穫

苦手のトマト栽培が何とか克服できそうになってきた。品種は「オグリワン」。酸味が適度にあって、味が濃い。青臭くもない。「トマトは野菜だ!」と言いたくなる味。

昔懐かしい味がするのと、青枯れ病に強いと言うことで採用した品種だが、梅雨時にエキ病が発生した。しかし一回の石灰防除で止まった。活着を確認してからは、無灌水。干ばつ猛暑の毎日が続いているが、比較的高いと想像される、地下水を搾り取るように生きている。だから、よけい味が濃い。

トマトアップ

産直コーナーで大人気
トマト収穫

この後、これらの野菜と、カツオ、タコ、などを使った至福の晩酌タイムが始まるのだが、その中身は明日、追加アップします。それでは、今から、まずお風呂に「どぶん!」

ヤーイ!晩酌(一夜明けて、アップロード)

皿鉢風海鮮サラダ
皿鉢風海鮮サラダ

中身は、カツオ、タコ、タマネギ、トマト、キュウリ、ケッパー、ブルーチーズ。
週刊現代の編集者、京子ちゃんが盛りつけた。何が入っているか、これでは分からない。

小皿に取り分けると、
サラダカツオ、タコ
これに、オリーブオイルと塩を適当にかける。夏の山海の滋味、滋養がビール、ワインと共に五蔵六腑に染みわたると、中枢神経がユラリと弛緩し、手足の末梢神経からは、空気中にその至福のエネルギーが放散していく。美味に凝縮された夏の精気が、体内を浄化しながら通り抜けていくのだ。

トマトのパスタ
トマトのパスタ

トマトの酸味と旨みが細いパスタに微妙、絶妙に絡む。舌に絡む、喉に絡む。それを赤ワインでさらりと流せば口中爽やか、鼻腔は馥郁(ふくいく)、脳裏は晴天。
「や~幸せ」と、美味口福。

カボチャのポタージュ
カボチャのポタージュ

栗味カボチャは、煮ても、スープにしても、砂糖はいらない。それほど甘くてホクホクの風味。
汗見川の上流に今年から新しく借りた1反の畑で、約300株がのびのびと育っている。
9月から本格出荷。

かくして、持続可能な美味の循環が、永遠に続く山下農園であった。













スポンサーサイト


FC2カウンター



リンク



カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

山下一穂

Author:山下一穂
昭和25年に高知市に生まれ。
30代半ばからしばしば体調を崩すようになり、自然と無農薬野菜等の体によい食べ物に目を向けるようになる。
そして40歳の時に実家を継ぎ、家の前の90坪程度の畑で家庭菜園
を始めたことが 有機農業を始めるきっかけとなった。
その後、48歳で新規就農。「同じつくるならいいものを」と当初から有
機農業にこだわり、就農9年目を迎えた現在では、野菜の配達先の
家庭は170件を超え、県外にも100件以上発送している。



最近の記事



晴れ掘れ日記~山下一穂の直感勝負~

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。