晴れ掘れ日記 ~山下一穂の直感勝負~
超自然農法を高知から各地へ発信し続けている、山下一穂のありのままのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必死の食い意地
コインランドリー「なんで、俺が・・・とほほ」
コインランドリー


2月6日(火)晴れ、時々曇り、ほんの少し、雪

このところの、曇天続きで、ぼくがコイン乾燥機に洗濯物を。
男女共同参画社会、家族協定なんて、くそ食らえ。家事と名の付くものは一切しないと決めてはいるのだけれど、泣く子とみどりの腰痛には勝てない。「もういかん・・・」耐えきれぬ痛さで、悲鳴を上げたのが、先週の木曜日の夕方。白菜など重たいものの収穫、連日の雪かき、長時間座ったままの袋詰め。そして、寒さ。これらが重なって、とうとう、持病のぎっくり腰が出た。二日間、寝たきりだったけど、その後は、休みながら、体をだましだまし使いながら、よろよろと伝い歩きしながら飯の用意ぐらいは何とかして、今日まで来た。というわけで、たまった洗濯物の乾燥は、ぼくの役割となった。あ~あ、早くよくなってね。

朝食のパンを死守するみどり
パンコーナー
末広ショッピングで、自分のパンは何としてでも確保。晩のおかずには鯨を購入。
「ハリハリ鍋かや?」とぼく。
「ううん、すき焼き」とみどり。うん、食欲だけは元気いっぱい。ま、今日は逆らわないでおこう。

飛崎治療院
整体治療
ぼくらの体を知り尽くし、30年来夫婦でお世話になっている、整体の飛崎治療院。
「みどりさん、腰の上の背中の筋肉が捻挫状態ですね」と、飛崎先生。
ぼくの診立ては「食い過ぎ」。食い過ぎで胃腸が弱って、筋肉が硬直しているのが、元々の原因。それに、過労が重なった。先生とは見解の相違があるけど、ま、具合の悪いときは、「はいはい、そうやね、食べ過ぎは関係ないね」と、いっておこう。
電気を当てて、オイルマッサージをたっぷりうけて、「あ~、気持ちいい」とみどり。

新富うどん
新富うどん
市内に出たついでに、お気に入りのうどん屋で、五目うどん。量の一番少ない「並」でも、たっぷりあるぞ。ぼくの腹には、ちょっと苦しいぐらい。
透明で、ふくよかな出汁のきいた汁を一口飲めば、幸氣(ぼくの造語)が鼻腔から眉間にかけふわっと通り抜ける。しっかり煮込んだ肉、おぼろ昆布、ワカメ、天かす、ゆで卵、強いコシに凝縮された小麦粉のうま味と喉ごし。いや、もう、絶妙のバランスとはかくのごとき、か、と。それが、どれほど美味いか、はいこの通り。
もちろん、みどりも完食。完食
ほらね。

さ、その後、自宅に舞い戻って、みどりは安静(晩飯まで)、ぼくは、居間兼、食卓兼、書斎のちゃぶ台で座ったまま。何度もかかってくる各種電話の応対、がっこうへの視察、商談、テレビ出演の打ち合わせ、講演依頼、すでに脱稿していた新聞原稿の修正の打ち合わせ、執筆、コーヒー、タバコ、がぐるぐる回って、やっと、晩酌タイム。今夜のごちそうは、みどりが伝い歩きしながら、必死の食い意地で作った「鯨のすき焼き」。
さ、食うか、飲むか。


し・あ・わ・せ
し・あ・わ・せ




FC2ブログランキング←押してくれる人、募集中!
ブログランキング←ぜひ、一票を☆
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

斎藤さん、お久しぶりです。ブログの扱いが不慣れなもので、ご返事が遅くなりました。
あの写真を撮ったのは、みどりです。みどりは少しずつ良くなっていますが、歳とともに治りが遅くなっています。また、ちょくちょくコメントください。
【2008/02/12 12:44】 URL | かずほ #- [ 編集]

お久しぶりです。
お久しぶりです。

去年の夏に青木と一緒にそちらに伺った齋藤です。


このブログは開始からずっと拝見していました。

今回のコインランドリーの写真があまりにもインパクトがあったので、
思わず噴出してしまい、コメントをしてしまいました。


コインランドリーの写真はどなたが撮影したのでしょうか?

まさか、本人がタイマーで撮ったのでは…?


これからもよろしくおねがいします。
【2008/02/07 08:40】 URL | 齋藤 毅 #LkZag.iM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kazuhoyamashita.blog28.fc2.com/tb.php/7-6d95f40c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



リンク



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

山下一穂

Author:山下一穂
昭和25年に高知市に生まれ。
30代半ばからしばしば体調を崩すようになり、自然と無農薬野菜等の体によい食べ物に目を向けるようになる。
そして40歳の時に実家を継ぎ、家の前の90坪程度の畑で家庭菜園
を始めたことが 有機農業を始めるきっかけとなった。
その後、48歳で新規就農。「同じつくるならいいものを」と当初から有
機農業にこだわり、就農9年目を迎えた現在では、野菜の配達先の
家庭は170件を超え、県外にも100件以上発送している。



最近の記事



晴れ掘れ日記~山下一穂の直感勝負~

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。