晴れ掘れ日記 ~山下一穂の直感勝負~
超自然農法を高知から各地へ発信し続けている、山下一穂のありのままのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物の天才と自称天才
本物の天才
本物の天才


2月9日(土)朝のうち雪、後雨、夕方晴れ。

ニューヨーク在住で世界的なアーティスト荒川修作さんにお会いした。


最近ぼくが仲良くしてもらっている本間桃世ちゃんは、彼のマネージャーであり、東京事務所の代表でもあるのだが、その彼女に「今度高知に行くから、会ってみない」といわれて、この日の会談が実現した。会談といっても、ほとんど荒川さんがしゃべりっぱなしで、ぼくは聞くばかり。前日には、フィギュアで有名な「海洋堂」の宮脇さんと対談している(近々、高知新聞にその記事が載る予定)。高知に何をしに来たのか。「velocity」という雑誌に、掲載された記事「ARAKAWAからの手紙」から、一部抜粋すると、

・・・私たちが30年以上取り組んできた「天命反転都市」とは、その街に普通に生活するだけで、身体のあらゆる細胞や筋肉の活性化が始まり、共同の免疫力や新しい感覚が出現し、健康になり、長寿になるのです・・・

で、その街を高知のどこかに作る、と、もう決めている。天才親分が、そう決めちゃったから、一の子分の桃ちゃんは、何度も来高して、その場所やスポンサーを探す実務を担当している。桃世ちゃんのお母さんは食文化研究家として有名な本間千枝子さん。その千枝子さんから「高知にはすごい男がいて、まるでサムライのよう、是非会ってみなさい」といわれたそうである。「やあ、あなたでしたか」と、ぼくと握手をするなり、怒濤のようにしゃべり始めた。一時間余、ほとんどぼくは聞くばかりだったけど、いや、面白かった。

言葉から言葉へ、直感で語り継いでいくその躍動感とダイナミズムは「この先どこへ行くのか」、まさにアートだった。「この国にまともな政治家はいないのか」小泉さんや福田さんをこき下ろし、返す刀でブッシュをやくざ呼ばわり。しかし口元は笑っている。とぼけたふりして「怒り」を「愛」という作品に仕上げているのだ。目は、狂気の一歩手前でしっかり立ち止まっている。たまにぼくの目を見るとき以外は、まるで、へのへのもへじの顔が宇宙をさまよっているようにも見えたが、紛れもなく「世界を見ている」目だった。

「高知から、これからのあるべき正しい世の中の姿を、世界に向けて、情報発信するのだ」
あれ?どこかで、聞いたようなせりふだぞ。
ともあれ、自称天才のぼくは、本物の天才にお会いして、何度も笑い、ほんわりと解放され、自由を感じ、元気が出た。いや、すごい人に会ってしまった。思い出しても腹が揺れる。

「農業を始めて9年間、ず~っと火の車の中で生きてきましたから、体の芯まで燃えてます、熱いですよぼくは」と言ったら、「あっ、面白い、面白いよ~、それ~」だって。


天才とサムライ自称天才



「その街では、農業はすべて有機栽培でやりますからね、あなたが作ってくれますね」
もちろんですとも。



FC2ブログランキング←押してくれる人、募集中!
ブログランキング←ぜひ、一票を☆

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

女王さんから頂いたコメントはブロックがかかっているので、ぼくしか読めません。
うどんの「新富」が美味しかったとのこと、「丸福」のラーメンはどうですか?とのことですが、「丸福」は確かに美味しい。ぼくも良く行きます。一番は「丸福ラーメン」(タンメン)二番が「甘煮そば」(あんかけラーメン)、ギョーザもお勧め。そのほかにぼくが良く行くラーメンは、「丸太小屋」(大津)、「土州屋」(帯屋町)、「宮本屋」(南はりまや町)などです。
今、一番気に入っているラーメンは「丸太小屋」鶏ガラ出汁の澄んだスープは最高。
【2008/02/13 08:29】 URL | かずほ #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/02/11 21:11】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kazuhoyamashita.blog28.fc2.com/tb.php/9-58e3270c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



リンク



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

山下一穂

Author:山下一穂
昭和25年に高知市に生まれ。
30代半ばからしばしば体調を崩すようになり、自然と無農薬野菜等の体によい食べ物に目を向けるようになる。
そして40歳の時に実家を継ぎ、家の前の90坪程度の畑で家庭菜園
を始めたことが 有機農業を始めるきっかけとなった。
その後、48歳で新規就農。「同じつくるならいいものを」と当初から有
機農業にこだわり、就農9年目を迎えた現在では、野菜の配達先の
家庭は170件を超え、県外にも100件以上発送している。



最近の記事



晴れ掘れ日記~山下一穂の直感勝負~

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。